以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
情報システム創成学科
戻る
  • 情報学系
  • システム工学系

計算知能システム研究室

人や組織の創発を支援する人工知能システムの研究に取り組む

研究キーワード
  • 機械学習
  • マルチエージェント
  • 創造性AI
  • 集合知
計算知能システム研究室
人とともにデータの解釈を行おうとする知能ソフトウェア

ICTの急速な進化と普及に伴い、多様なものが集まる中での情報流通や情報生成についてのモデル論的解明がますます重要となってきています。例えば、集団として単純な個の総和を超えて別のものが生み出される「創発」についての一つは、「集合知」や「創発行動」という捉え方で、知能・生命・社会の現象として発現します。そこで、当研究室では「マルチエージェントモデルで表現される集団避難行動の創発現象メカニズムの解明と意味解釈」、「人狼ゲームにおけるプレイヤエージェントの戦略獲得の学習メカニズム」の研究に取り組んでいます。また、このような「創発」とは異なるものとして、「芸術分野における創作」があります。当研究室では「俳句における意外性の組み入れメカニズム」や「かわいい画像の特徴表現とそれを用いた画像生成メカニズム」の研究に取り組んでいます。
ビッグデータの活用法が注目され、多種多様なデータを分析・活用できる人材が求められる時代において、機械学習を中心とした研究を通して、新しい情報システムの構築や価値を見いだす情報分析ができる力を養います。

秋吉 政徳教授Akiyoshi Masanori[工学部/情報システム創成学科]

PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

情報分析を行う能力を養成します

秋吉 政徳教授

昨今の計算機の能力やネットワーク基盤を活用することで生み出される「知能」も、今後大きく広がる可能性があります。機械学習技術を中心にした研究を通して、情報分析を行える能力を身につけていきましょう。

この研究室に関連するNEWS & TOPICS

この研究室もチェック!