以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
理学部
生物科学科
戻る
  • 生物学系
  • 環境学系

[集団生物学分野]丸田 恵美子 研究室

生理生態学的観点から自然生態系を調査研究

研究キーワード
  • 植生調査
  • 光合成
  • 水分生理
[集団生物学分野]
<br>丸田 恵美子 研究室
研究で使用する資料とフィールドワークで使うメジャー

キャンパス近隣の自然生態系について、主に生理生態学的観点から調査研究します。生態系の成り立ちについての基礎研究のほか、近年、問題となっている自然環境の破壊や劣化についても研究します。
その一つが、照葉樹林の樹種構成と生理生態学的特性についてです。海辺近くには、常緑広葉樹の照葉樹林があります。このような林は中国南西部から日本の暖かな地方の原生植生ですが、日本ではほとんど天然林は残されておらず、十分な研究がなされていません。そこで、調査地で植生調査を行い、樹木のフェノロジー(生物季節)や光合成特性などの変化を研究します。
そのほか、富士山における遷移の進行に伴う植物の生理的特性の変化、丹沢山地のブナ林なども研究・調査します。

丸田 恵美子教授Maruta Emiko[理学部/生物科学科]

専門分野
  • 植物生態学
  • 植物生理生態学、樹木水分生理学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

自然とヒトとの関わりを考えてみましょう

丸田 恵美子教授

キャンパスの周りは豊かな自然にあふれています。そこでは本来の天然林を構成する常緑樹の照葉樹と、里山の雑木林の両方を見ることができます。自然に触れることで、自然とヒトとの関わりを考えてみましょう。

この研究室もチェック!