以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
理学部
生物科学科
戻る
  • 生物学系
  • 生命科学系

[細胞生物学分野]日野 晶也 研究室

遺伝子を用いた系統解析で生命の謎を探求する

研究キーワード
  • 細胞内共生説
  • 個体発生と系統発生
  • ウニ
  • ミトコンドリア
[細胞生物学分野]
<br>日野 晶也 研究室
シャーレで培養した分裂酵母

「ウニ」と「ヒト」の受精卵は、ある特定の時期まで見分けがつかないほど似ていると言ったら、驚く人も多いでしょうが、事実なのです。そして途中から形が変わり、ウニはウニ、ヒトはヒトになります。当研究室では、このような受精卵の発生過程における形態変化が、遺伝子レベルでどのように調節されているのか、ホヤ、ウニ、ヒトデなどを用いて研究を進めています。
特に、受精時に起こる精子の形態変化や、ミトコンドリアの遺伝子を用いた系統解析などを行っています。こうした研究はすぐに応用に結びつくわけではありませんが、生命を探ることは人類の普遍的なテーマです。基礎研究を通じて生命の謎に迫りながら、自然科学の魅力を伝える実験材料の開発も行っています。

日野 晶也教授Hino Akiya[理学部/生物科学科]

専門分野
  • 発生生物学
  • 進化生物学
  • 生物多様性・分類
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

ウニ、ヒトデに加えてゾウリムシも研究対象に

日野 晶也教授

これまで、ウニやヒトデを研究材料に動物の受精や発生を研究してきました。現在はそれと平行して、細胞の中での共生説、例えばミドリゾウリムシの体内にいる藻類とゾウリムシの共生関係についても調べています。

この研究室もチェック!