以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
理学部
生物科学科
戻る
  • 生物学系
  • 生命科学系

[分子生物学分野]泉 進 研究室

分子生物学的な手法で昆虫特有の生理現象を研究

研究キーワード
  • 遺伝子
  • 調節蛋白質
  • 昆虫
  • 変態
[分子生物学分野]
<br>泉 進 研究室
実験材料である線虫とカイコガ

種数および個体数の多さから、昆虫は現在の地球環境に最も適応し、繁栄した生物群の一つと考えられます。また、幼虫、蛹、成虫と姿形が様変わりする変態も昆虫独特の生命現象です。当研究室ではカイコガなどの昆虫を実験材料として、変態など昆虫に特有な生理現象を研究しています。解析には、組換えDNA実験技術等の分子生物学的な手法や調節蛋白質を対象とした生化学的手法を用いています。
一方で、当研究室では昆虫だけに限らず、線虫(C. elegans) というモデル生物を用いた分子発生学の研究も進めています。細胞小器官の一つである繊毛の形成機構と排泄器官の機能について調べています。こうした研究を通じて、神秘的な生命現象を明らかにしていきたいと考えています。

泉 進教授Izumi Susumu[理学部/生物科学科]

専門分野
  • 生化学
  • 分子生物学
  • 昆虫生理生化学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

昆虫の生理機能を分子生物学的手法で解析

泉 進教授

昆虫は地球環境に最も適応し、繁栄した生物群の一つです。当研究室ではカイコガを実験材料として、昆虫の生理機能を分子生物学的手法で解析しています。また、線虫を用いて、分子発生学の研究も進めています。

この研究室もチェック!