以前チェックした研究室

画面を閉じる
    • 化学系

    1兆分の1秒のピコ秒レーザーで溶液中の化学反応のしくみを探る

    理学部
    化学科

    平田 善則 研究室

画面を閉じる
理学部
化学科
戻る
  • 化学系

平田 善則 研究室

1兆分の1秒のピコ秒レーザーで溶液中の化学反応のしくみを探る

研究キーワード
  • 反応ダイナミクス
  • 励起状態
  • レーザー光
平田 善則 研究室
吸光度の測定

多くの化学反応は溶液中で起こります。どのようにして化学反応が進むのかを解明するには、反応する溶質やその周りの溶媒の構造、溶質と溶媒の相互作用などを詳しく分析する必要があります。しかし、一つ一つの化学反応について、分子レベルで何が起こっているのかを正確に捉えるのは難しいという課題があります。
当研究室では、1兆分の1秒というごく短い時間だけ照射できるピコ秒レーザーを使って、化学反応のメカニズムの解明に取り組んでいます。また、実験による観察だけでなく、分子動力学シミュレーションを用いて、溶液中の分子の動きを推定し、化学反応のミクロなモデルの構築を目指しています。観察、仮説、検証といった科学的な考え方の基本を身につけてください。

平田 善則教授Hirata Yoshinori[理学部/化学科]

専門分野
  • 溶体化学
  • 光反応ダイナミックス
  • 計算機化学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

化学反応が起こる理由と分子の反応を明らかに

平田 善則教授

ピコ秒レーザーを用いた過渡吸収、蛍光測定、励起状態の分子軌道計算により、凝縮系で起こる反応と光励起状態の緩和過程を調べています。この研究を通して、化学反応が起こる理由と分子の反応を明らかにします。

この研究室もチェック!