以前チェックした研究室

画面を閉じる
    • 化学系
    • 生命科学系

    「生命とは何か」という問いに化学からのアプローチで挑む

    理学部
    化学科

    菅原 正 研究室

画面を閉じる
理学部
化学科
戻る
  • 化学系
  • 生命科学系

菅原 正 研究室

「生命とは何か」という問いに化学からのアプローチで挑む

研究キーワード
  • 自己複製系
  • 人工細胞
  • 金ナノ粒子ネットワーク
  • 分子回路
菅原 正 研究室
繰り返し自己増殖するベシクル型人工細胞

細胞には、細胞膜と遺伝子、そして酵素が必要です。これらはそれぞれ、境界、情報、触媒として化学物質で作ることができるので、「人工細胞」として自己増殖していく化学システムを構築することが可能になります。当研究室では細胞膜となる「ベシクル」と呼ばれる分子集合体を合成し、遺伝子を注入することで、自己増殖していく人工細胞モデルの構築に成功しています。
現在は、何度も繰り返して自己増殖する人工細胞の構築や、さらに生命らしい特徴を持った物質の合成をテーマに研究を進めています。この研究を推し進めることによって、生命現象を分子レベルで理解することが可能となり、「生命とは何か」という究極の課題に一歩近づくことができると考えています。

菅原 正特任教授Sugawara Tadashi[理学部/化学科]

専門分野
  • 物理有機化学
  • 有機物性化学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

夢のある人工細胞を作る研究に取り組んでいます

菅原 正特任教授

有機分子の性質を理解し、それらをシステム化することによって、自己複製したり進化する人工細胞や、外からの刺激に応じて作働内容を変えられる分子回路を作る—。生命の神秘に挑む夢のある研究をしています。

この研究室もチェック!