以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
理学部
化学科
戻る
  • 化学系
  • 環境学系

川本 達也 研究室

真に環境に優しい水素製造システムを開発

研究キーワード
  • 金属錯体
  • 錯体触媒
  • モデル錯体
川本 達也 研究室
水と金属錯体を含む溶液に太陽光を照射することでエネルギーを生み出す

今日、「水素社会」の実現に向けて、さまざまな取り組みが行われています。それは水素がクリーンなエネルギーだと思われているからです。しかし、本当にそうでしょうか?
現在、実は大部分の水素は化石燃料を原料として製造されています。そこで当研究室では、太陽光と水を利用して水素を生み出すための、真にクリーンな水素製造システムを研究しています。そのために必要なのが「触媒」です。触媒として、金属イオンを分子やイオンが取り囲んだ形をしている「金属錯体」を開発することで、新しい水素製造システムの確立をめざしています。また、生体内の化学反応を触媒する酵素には「金属錯体」と見なせる部分が数多くあります。酵素と同様な働きをする金属錯体についても研究しています。

川本 達也教授Kawamoto Tatsuya[理学部/化学科]

専門分野
  • 錯体化学
  • 無機化学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

「金属錯体」の開発をしたい人は私の研究室へ

川本 達也教授

世界初の物質を開発したい人は是非、当研究室へ。ここでは「金属錯体」を対象に新物質の開発を行っています。これらは地球環境にやさしく、近未来のエネルギー問題の解決に大きな役割を果たすことが期待されています。

この研究室もチェック!