以前チェックした研究室

画面を閉じる
    • 化学系
    • 応用化学系

    豊富なケイ素とフラーレンから新しい材料を合成する

    理学部
    化学科

    加部 義夫 研究室

画面を閉じる
理学部
化学科
戻る
  • 化学系
  • 応用化学系

加部 義夫 研究室

豊富なケイ素とフラーレンから新しい材料を合成する

研究キーワード
  • ケイ素
  • フラーレンC60
  • 計算化学
加部 義夫 研究室
ポリシラノール化合物の分子モデル

ケイ素は有機性と無機性を兼ね備えた不思議な元素で、地球上に豊富に存在し、半導体・ガラスからシリコーン高分子工業まで広く利用されています。またケイ素は唯一、炭素と同じく自分自身がいくつも結合して多くの化合物を合成できる元素でもあります。
当研究室では、サッカーボール状の炭素の同位体「フラーレンC60」にケイ素を導入したり、穴をあけて原子や分子を内包させたりするフラーレン化学も研究しています。新しい有機ケイ素化合物を合成し、分子が相互に作用して三次元多孔性材料や分子カプセルなどの「超分子」化学に展開することに挑戦しています。
また、これらの研究を進めるにあたっては、結果の予測や理解に最新の計算化学も応用しています。

加部 義夫教授Kabe Yoshio[理学部/化学科]

専門分野
  • 有機金属化学
  • 有機ケイ素化学
  • フラーレン化学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

ケイ素とフラーレンC60の世界へ挑戦してみよう

加部 義夫教授

「有機ケイ素化合物」と「フラーレン」を研究テーマに、無機、有機、理論計算から工業的応用まで、幅広い研究を行っています。この二つの分野は小さいですが、日本が世界を大きくリードしています。

この研究室もチェック!