以前チェックした研究室

画面を閉じる
    • 化学系

    ナノメートルの世界を探求し物質の振る舞いを理解する

    理学部
    化学科

    天野 力 研究室

画面を閉じる
理学部
化学科
戻る
  • 化学系

天野 力 研究室

ナノメートルの世界を探求し物質の振る舞いを理解する

研究キーワード
  • クラスター
  • ナノ粒子
  • 構造化学
天野 力 研究室
実験に使用するピペットと教科書(高木誠編著『ベーシック分析化学』化学同人刊)

すべての物質は、原子や分子から構成されています。しかし、分子の振る舞いを知るだけで、固体や液体の性質をすべて説明できるわけではありません。原子や分子が2~1000個程度集まった「クラスター」の振る舞いを知ることが重要で、これが当研究室の研究テーマになっています。
10億分の1メートル(ナノメートル)という非常に小さな世界で、原子や分子がクラスターとしてどのように振る舞うかを明らかにすることにより、人類は物質の構造だけでなく、反応性や性質などを体系づけて理解できるようになるのです。
現在、さまざまな分野で応用が進む「ナノテクノロジー」を、自由自在に使いこなすための基礎となる現象を解明していく—。それがクラスター研究なのです。

天野 力特任教授Amano Chikara[理学部/化学科]

専門分野
  • 物理化学
  • 分析化学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

クラスターやナノ粒子について研究しています

天野 力特任教授

「深く考えれば物事は単純である」という考えの下、原子や分子の集合体であるクラスターやナノ粒子の構造と光に対する性質を研究しています。金属結合、水素結合、分子間力などによってできる種々のクラスターを扱います。

この研究室もチェック!