以前チェックした研究室

画面を閉じる
    • システム工学系

    人間の目を超える視覚情報処理技術を開発

    理学部
    情報科学科

    張 善俊 研究室

画面を閉じる
理学部
情報科学科
戻る
  • システム工学系

張 善俊 研究室

人間の目を超える視覚情報処理技術を開発

研究キーワード
  • 画像処理
  • 立体視
  • 医療画像支援
張 善俊 研究室
立体の映像・画像を作成するプラットフォーム「z space」

人間が手に入れる情報の約8割が視覚情報であると言われています。コンピュータをより効果的に利用するためには、この視覚情報をコンピュータで処理する手法を開発する必要があります。当研究室では、画像情報処理と視覚情報処理をキーワードとして、研究を行っています。
たとえば、医療で使用されるCTスキャナーの画像データを処理し、特定のパターンを識別することで、画像診断の自動化を実現できます。応用範囲は医療分野だけではありません。顔や指紋認識など、ますます重要になるセキュリティ分野をはじめとして、自動車の自動運転システムや、目の不自由な人のためのサポートシステムなど、さまざまな分野で画像処理やパターン認識は重要な役割を果たす技術です。

張 善俊教授Zhang Shanjun[理学部/情報科学科]

専門分野
  • 知能ビジョン
  • パターン認識
  • 3次元医用画像処理
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

コンピュータビジョンの技術で視覚能力を伸ばそう

張 善俊教授

自動運転システムにおける外部状況の認識、防犯分野における監視カメラの追跡制御、医療分野における疾患の自動検出など、数多くの画像から迅速かつ正確に情報を見出す技術で、人間の視覚能力に挑戦しませんか。

この研究室もチェック!