以前チェックした研究室

画面を閉じる
    • 情報学系

    「わかりやすい情報」でコミュニケーションを促進

    理学部
    情報科学科

    桑原 恒夫 研究室

画面を閉じる
理学部
情報科学科
戻る
  • 情報学系

桑原 恒夫 研究室

「わかりやすい情報」でコミュニケーションを促進

研究キーワード
  • e-ラーニング
  • Webアプリケーション
  • 認知科学
  • ヒューマン・インタフェース
桑原 恒夫 研究室
ソフトウェアの設計図(クラス図)の例

情報科学において「わかりやすさ」の追究はとても重要なテーマであり、桑原研におけるメインテーマの一つです。情報システムを開発する際に重要なのは、実はプログラミングではありません。人間がどのように活動し、それが社会とどのように関わっているのか、を理解することが大切です。
これからの社会ではビジネスモデルやビジネスプロセスと呼ばれているものの現状を分析し、コンピュータの力でより効果的・効率的に行えるようにすることが重要です。これはビジネスだけでなく、教育などほかの分野でも同じです。メインテーマであるわかりやすさ、使いやすさに加えて、複数の人間の利害調整や納得、賛同など人間の心の観点も含めたコミュニケーションの仕組みを考えていきます。

桑原 恒夫教授Kuwabara Tsuneo[理学部/情報科学科]

専門分野
  • 人間情報科学
  • オブジェクト指向開発
  • e-ラーニング
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

社会で役立つ問題発見能力を身につけてほしい

桑原 恒夫教授

研究で大切なのは、「問題の解決」より「問題の発見」です。卒業研究では、学生にやりたいテーマを考えさせます。このテーマ発掘の訓練を通して、社会で最も役立つ問題発見能力を身に付けてほしいと考えています。

この研究室もチェック!