以前チェックした研究室

画面を閉じる
    • システム工学系

    人間の活動において本当に役立つシステムを考える

    理学部
    情報科学科

    海谷治彦 研究室

画面を閉じる
理学部
情報科学科
戻る
  • システム工学系

海谷治彦 研究室

人間の活動において本当に役立つシステムを考える

研究キーワード
  • 要求分析
  • 仕様記述
  • UML
  • ソフトウェア開発論
海谷治彦 研究室
ソフトウェア開発環境Eclipse上で動作する要求分析ツール

現代社会には、さまざまな情報システムが導入され、利用されています。しかし、それらは本当に世の中を便利にしているでしょうか? 本当に人の役に立っているのでしょうか? それらを多角的に分析し、本当に役に立つ情報システムの開発につなげることが、私たちの研究テーマです。
具体的には、人間の活動においてどのような情報システムが望まれているのか(要求分析)、必要な機能を開発者にきちんと伝える方法(仕様記述)は何か、などについて研究しています。
情報システムの開発は個人作業と思う人は多いでしょう。しかし、本当に必要なシステム、役に立つシステムを開発するために最も必要なのは、プログラミングの能力ではなく、コミュニケーション力なのです。

海谷 治彦教授Kaiya Haruhiko[理学部/情報科学科]

専門分野
  • 要求分析
  • 仕様記述
  • ソフトウェア工学
  • ソフトウェアセキュリティ
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

微分積分や二次関数の知識よりも観察力

海谷 治彦教授

ソフトウェア開発に関する研究は、開発に関わる人や作業を観察し、知見を得るという意味で、とても自然科学的な分野です。微分積分や二次関数等といった知識はあまり必要ないので、是非検討してみてください。

この研究室もチェック!