以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
理学部
数理・物理学科
戻る
  • 数学系
  • 物理学系

[物理コース]知久 哲彦 研究室

数理モデルを用いてマクロな性質を探る

研究キーワード
  • スピン系の物理
  • 厳密解の数理
  • ランダム系の数理
  • 相転移
[物理コース]
<br>知久 哲彦 研究室
卒業研究で作成した逆上がりシミュレーター

統計力学とは、互いに関係し合ったミクロな要素がたくさん集まったときのマクロな性質を説明するための一般的方法論を研究する学問です。たとえば磁石の働きや、人間の集まりである社会現象を数理モデル化し、解析的手法やコンピュータ的手法を使って理論的に解析します。単純なモデルを通して対象に共通な性質を見つけ出していく、それこそが統計力学の魅力です。
モデルの有効性は磁性体に限らず、脳神経系の情報処理や社会におけるネットワーク形成過程など、多くの分野へ応用発展しています。近頃はインターネットなどで安直に答えを探そうとする傾向がありますが、既成の情報をうのみにすることなく、頭を柔軟に使って、辛抱強く問題と向き合う姿勢が科学には大切です。

知久 哲彦准教授Chikyu Tetsuhiko[理学部/数理・物理学科]

専門分野
  • 統計力学
  • 相転移の理論
  • ランダム系の物理
  • 厳密解の数理
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

数学と物理、両方の好奇心を満たせます

知久 哲彦准教授

数学と物理のどちらにも興味がある人にとっては、両方の考え方を積極的に利用する私の研究分野は十分好奇心を満たしてくれるものとなるでしょう。私の研究室で頭を柔らかくして、いろいろ研究してみませんか?

この研究室もチェック!