以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
理学部
数理・物理学科
戻る
  • 数学系

[数理コース]長 宗雄 研究室

作用素論の研究を通して数学の面白さと奥深さを知る

研究キーワード
  • ヒルベルト空間
  • 線形作用素
  • スペクトル
  • 作用素論
[数理コース]
<br>長 宗雄 研究室
Hilbert空間(量子力学の数学的基礎)

学生A:大学に入って学んだ数学と高校までの数学はまるで別の学問を学修しているくらい違う。ゼミを通じて作用素論を勉強し、その知識だけでなく、人に説明する力がついた。この力を社会人として生かしたい。
学生B:数学の本は任意記号や存在記号など様々な記号を使って文章が書かれている。その記号の順序や位置が少し違うだけで全く異なる意味になってしまう。本の読み方が変わったと共に数学の世界の広さと深さを知ることができた。
学生C:定理などの証明を読むことは予想以上に難しかった。証明を読むと、疑問がたくさん出て、一つひとつ解決する楽しさを知った。物事をきちんと理解することと、説明することの難しさを学んだ。

長 宗雄教授Cho Muneo[理学部/数理・物理学科]

専門分野
  • 数学
  • 関数解析学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

「行列のできる研究室」行列は様々な現象の解析に不可欠

長 宗雄教授

1987年に古田孝之が古田不等式を示し、作用素論に大きな貢献をしました。簡単に言うと、行列についての不等式です。数学は過去に完成された学問と思われがちですが、今も発展し続けています。

この研究室もチェック!