以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
理学部
数理・物理学科
戻る
  • 数学系

[数理コース]酒井 政美 研究室

位相幾何の研究を通して数学の奥深さに触れる

研究キーワード
  • 集合
  • 位相空間
  • 関数空間
[数理コース]
<br>酒井 政美 研究室
空集合の記号

数学において、トポロジー( 位相幾何)と呼ばれる分野の研究を行っています。専門的な話になりますが、トポロジーを持つ空間については、集合論的な観点と幾何学的な観点から研究を進めています。また、これらとグラフ理論との関係もテーマの一つです。
現在では数学の一分野にカテゴライズされているトポロジーですが、物理、物質科学、生命科学、情報科学など、さまざまな分野で応用されています。このように、幅広く学びを生かせるのも魅力です。
当研究室では、位相空間に関するさまざまな研究に取り組んでいます。数学の世界は、未解決の問題がたくさん残されています。これらにじっくり取り組み、知恵を絞って答えを導き出す楽しさを知ってほしいですね。

酒井 政美教授Sakai Masami[理学部/数理・物理学科]

専門分野
  • 集合論的位相幾何
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

中間値の定理は位相的性質で証明

酒井 政美教授

数学では集合に構造を与えて研究します。距離構造を抽象化した位相構造を持つ集合を位相空間と言い、高校で学ぶ「最大値・最小値の定理」や「中間値の定理」はその性質を使えば簡単に証明ができます。

この研究室もチェック!