以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
理学部
数理・物理学科
戻る
  • 数学系

[数理コース]加藤 憲一 研究室

視点によって答えが変わる自由度の高い学問

研究キーワード
  • 待ち行列理論
  • マルコフ連鎖
  • 応用確率論
[数理コース]
<br>加藤 憲一 研究室
マルコフ連鎖(1ステップごとに確率的に状態が変化する確率モデル)の状態推移図

私が専門としているのは、応用確率論という分野の中の待ち行列理論です。これは、あるサービスを受けるためにお客さんが列をつくって待つような混雑状況を、確率の考え方を用いてモデル化し、分析するというものです。たとえば、解析やシミュレーションを通して、レジでの待ち時間を短縮することを目指します。
確率モデルは、不確実な事象の発生を数理的にとらえるための有効なアプローチを提供します。これは、先述したレジの問題といった身近なものから、効率的な情報通信網の構築といった大規模な問題まで、さまざまな応用の可能性を持っているのです。また、どの視点に立つかでモデルが変わり、それに応じて答えも変わる。面白く自由度が高い学問であると言えます。

加藤 憲一准教授Kato Kenichi[理学部/数理・物理学科]

専門分野
  • 応用確率論
  • OR
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

確率論は幅広い応用を意識して発展

加藤 憲一准教授

確率論は解析学の一分野と位置づけられますが、自然現象や人間の行動の分析など幅広い応用を強く意識して発展してきました。境界領域への興味を持つ学生が自由にテーマを選択して研究することができます。

この研究室もチェック!