以前チェックした研究室

画面を閉じる
    • 物理学系
    • 情報学系

    複雑で不思議な現象を起こすスピングラスの振る舞いを解明

    工学部
    総合工学プログラム

    計算統計物理学研究室

画面を閉じる
工学部
総合工学プログラム
戻る
  • 物理学系
  • 情報学系

計算統計物理学研究室

複雑で不思議な現象を起こすスピングラスの振る舞いを解明

研究キーワード
  • ランダムスピン系
  • 相転移
  • 情報統計力学
  • アルゴリズム開発
計算統計物理学研究室
シミュレーションに使う計算機クラスター

人間社会では「みんな好き勝手なことを言うため、全ての要求は満たせない」というのはよくある話ですが、実は物理の世界でもこれと似た状況の系が数多く存在します。このようなフラストレーション系と呼ばれる系について、主に研究を進めています。フラストレーション系では、原子・分子やスピンといった系の構成要素が、互いに長い時間をかけて何とか折り合いをつけ、最終的にできる限り多くの要求が満たされた状態に落ち着くのですが、この時に自然がどのように最適な状態を探し、その結果何が起こるのかについて、研究しています。主な研究手法は、統計物理学と計算機シミュレーションです。また、フラストレーション系で有効なシミュレーション手法の開発なども行っています。

佐々木 志剛准教授Sasaki Munetaka[工学部/物理学教室]

専門分野
  • 物性物理学(数値シミュレーションなど)
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

原子の集団としての性質を研究しています

佐々木 志剛准教授

原子の集団としての性質を、統計物理の手法やシミュレーションで研究しています。これは人間社会にも通じる話ですが、集団が個々の要素からは予想もつかない性質を示すことがあり、そこがこの研究の魅力です。

この研究室もチェック!