以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
建築学科
戻る
  • 建築・土木学系
  • デザイン工学系

[建築デザインコース]建築デザイン研究室

建築の外と内をつなぎ建築で風景をつくる

研究キーワード
  • まち
  • 空間デザイン
  • 都市住宅
[建築デザインコース]
<br>建築デザイン研究室
群馬の建築を紹介したガイドブックと、建築を学ぶ人必携のコンベックス・トレーシングペーパー・鉛筆ホルダー

まちは、人・モノ・建築・自然など、ありとあらゆる雑多なもの同士が集まってできています。また、モノの集まり方は距離感や寸法、素材感の関係で決定されています。どうしたらより居心地の良い空間になるかは、モノや事象を観察し関係性を踏まえて解を出していく必要があるのです。
日常的で身近な風景や空間のなかに、デザインのヒントがあふれています。温故知新、時間を経た歴史的な民家や街並みを通して現代の建築デザインに生かすことも大切です。本研究室では、たくさんの建築を実際に見ることが何より重要だと考えています。気持ちの良い空気感を体感しながら、身体感覚を磨いていきましょう。また、デザインコンペにも積極的に応募するなど、常にチャレンジしましょう。

石田 敏明教授Ishida Toshiaki[工学部/建築学科]

専門分野
  • 建築デザイン、コミュニティ空間
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

建築に触れ、空間を感じ、まちをデザイン

石田 敏明教授

まちは建築が集まり寄り添って、できています。一つ一つの建築の在り方を考えることは、まちのデザインにつながります。周辺環境から建築の建ち方と内と外がどのような関係でつながれば良いかをデザインしています。

この研究室もチェック!