以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
建築学科
戻る
  • 建築・土木学系

[建築構造コース]耐震耐風構造研究室

外力を受ける構造物の安全性を実験・解析で多角的に検討

研究キーワード
  • 構造信頼性
  • 地震最大応答
  • 全視野計測
  • 有限要素解析
[建築構造コース]
<br>耐震耐風構造研究室
画像解析を用いた鉄筋コンクリート部材に生じる変形集中・ひび割れの可視化

世界有数の地震国である日本において、「耐震安全」の確保は非常に重要です。この研究室の目的は、地震などの外力を受ける構造物の安全性や耐久性について、実験・解析の見地から多角的に検討することです。自然界にはさまざまな不確実性が存在しているため、設計上安全であるとして建設された構造物であっても、実際に予測通りの挙動をするとは限りません。
私たちは、現実と設計との間のギャップとして多く存在している荷重と、構造系における不確実要因を合理的かつ定量的に考慮した上で、ライフサイクルコストの観点から構造物の安全性と経時変化を正しく評価。新しい構造部材の開発や画像解析技術を用いた計測実験を通じ、多くの新たな知見を得ています。

趙 衍剛教授Zhao Yan-gang[工学部/建築学科]

PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

建築における理想と現実の差を定量的に考慮

趙 衍剛教授

耐震構造には「絶対」という考え方は必ずしも当てはまりません。私は現実と設計との間のギャップとして存在する不確実要因を定量的に考慮し、設計・施工で最適な意思決定を行うための研究をしています。

齊藤 隆典特別助教Saito Takasuke[工学部/建築学科]

この研究室もチェック!