以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
建築学科
戻る
  • 建築・土木学系
  • 環境工学系

[建築構造コース]サステナブル構造研究室

機能維持性能を考慮した損傷制御型建築物の開発を推進

研究キーワード
  • 鋼構造
  • サステナブル構造
  • 損傷制御構造
  • 地球環境建築
[建築構造コース]
<br>サステナブル構造研究室
地震に対して、圧縮にも引張にも効果的な、高性能なエネルギー吸収部材「座屈拘束ブレース」

当研究室では、建築構造に関して、総合的に捉える「構法」から、分析的に捉える「実験」と「解析」、さらにはそれらを実行する「設計」までの全般にわたる研究を行っています。
そのなかでも、特に鋼構造を中心に、機能維持性能(耐久性・継続使用性・財産保持性)を考慮した損傷制御型建築物や、地球環境に配慮したサステナブル(持続的)建築物、リユース(再利用)可能な建築物などの研究開発を推進しています。
研究室の学生には、部材がどのように壊れるのか、どうすれば目標とする性能が得られるのかを体験してもらうことにより、理解を深めてもらいます。このような建築構造を肌で感じるという機会は、将来の実務に役立つ経験になると考えています。

岩田 衛教授Iwata Mamoru[工学部/建築学科]

PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

建築構造におけるサステナビリティとは何か!

岩田 衛教授

サステナブル(持続的)な建築物を研究しています。ライフサイクルに合わせて仕上げと設備が更新されても、構造躯体そのものは長寿命で、地震などで損傷した部材のみを取り替えられる構法を世の中に普及しています。

小谷野 一尚特別助手Koyano Kazuhisa[工学部/建築学科]

この研究室もチェック!