以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
建築学科
戻る
  • 建築・土木学系
  • 環境工学系

[建築環境コース]音・光環境研究室

音環境の視点から建築のもたらすQOLを高める

研究キーワード
  • 床衝撃音
  • 騒音伝搬
  • コンサートホール音響
  • 波動音響シミュレーション
[建築環境コース]
<br>音・光環境研究室
壁や天井に設置される吸音材(音を吸収する材料)の音響特性を調べる音響管

建築に携わる上では、建築物が人々に提供する生活の質(QOL=Quality Of Life)について常に考えておく必要があります。その考えに基づき、私たちの研究室は建築環境工学の中でも音環境と光環境についての研究を行っています。
とりわけ注力しているのが音の分野です。集合住宅の騒音問題からコンサートホールの音響まで、対象は多岐にわたっており、よりよい音環境の創出や騒音制御のための数値シミュレーション手法の開発から、それを利用した音場の予測、部材の音響特性の把握、騒音伝播の予測・対策などに関わるものまで、幅広く研究を進めています。建築において音を研究するということは、物理的、心理的、さらに文化的な視点からも非常に面白いと思っています。

安田 洋介教授Yasuda Yosuke[工学部/建築学科]

専門分野
  • 建築環境・音環境
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

床衝撃音を低減する二重床構造を開発中

安田 洋介教授

子どもの飛び跳ねなどに起因する「床衝撃音」は、集合住宅でのトラブルの原因としても広く知られています。私たちの研究室では、これを低減するための二重床構造を産学連携で開発しています。

この研究室もチェック!