以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
経営工学科
戻る
  • 経営工学系

生産マネジメント研究室

生産から消費までの活動を最小限の資源で行う

研究キーワード
  • 生産
  • 在庫
  • 計画
  • 管理
生産マネジメント研究室
教育用組立ラインの開発に使われたロボット。ライン上でのロボット組立作業を通して、自動車生産などで用いられる「多品種混合ライン」を学ぶ

人々の幸福の基礎となる豊かな生活は産業によって支えられています。当研究室では、人々が必要とする製品を消費者に届けるまでの諸活動を、必要最小限の資源で迅速に行うための計画管理方法を研究しています。
ここでの資源とは、人とモノとお金、そして情報です。人はすべての源泉かつ、目的でもあります。モノは原材料のほか、電力や輸送のための車両資材、燃料なども含みます。これらの資源を抑えることは、効率化に加えて省資源化にもつながり、どのような生産情報を収集し、どのように加工して伝達するかが重要です。この分野は、日本が世界の先頭を走っていますが、未開拓な部分もまだ多くあります。それゆえ、研究を推進する意義を大いに感じられます。

松浦 春樹教授Matsuura Haruki[工学部/経営工学科]

専門分野
  • 生産在庫管理
  • ロジスティクス管理
  • 社会システム工学・安全システム
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

生産管理実務を理論で裏付ける

松浦 春樹教授

組立ラインを分断し、品種の組立順序を変えることの効果や、寿命の有限な物品の発注方式が寿命に制約のない物品とどのように変わるべきかなど、所属学生の発掘による斬新な研究を進めています。

この研究室もチェック!