以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
経営工学科
戻る
  • 経営工学系

生産マネジメント研究室

生産から消費までの活動を最小限の資源で行う

研究キーワード
  • 生産
  • 在庫
  • 計画
  • 管理
生産マネジメント研究室
教育用組立ラインの開発に使われたロボット。ライン上でのロボット組立作業を通して、自動車生産などで用いられる「多品種混合ライン」を学ぶ

経営工学は企業実務が先行し、その裏付けを研究教育機関が行うという歴史で発展してきました。経営工学科松浦研究室は、生産管理実務に理論の裏付けを行い、少しでも実務を先行することを目標に、卒論生、修論生と教職員が一体となって、研究教育活動を行っています。生産管理は、生産活動のためにものと情報をどのように流すかの大枠を企業の方針に基づいて考えることから、時々刻々の日程の調整まで広い範囲に及びます。とてもとても未開拓でおもしろい分野です。ここ数年、自動車の生産ラインが典型である、多品種を同一ラインで組み立てる方式を取り上げて、バッファと呼ばれるゆとりを組み込むことによってより取扱品目の多様性を向上させるといったユニークな成果をあげています。

松浦 春樹教授Matsuura Haruki[工学部/経営工学科]

専門分野
  • 生産在庫管理
  • ロジスティクス管理
  • 社会システム工学・安全システム
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

生産管理実務を理論で裏付ける

松浦 春樹教授

組立ラインを分断し、品種の組立順序を変えることの効果や、寿命の有限な物品の発注方式が寿命に制約のない物品とどのように変わるべきかなど、所属学生の発掘による斬新な研究を進めています。

この研究室もチェック!