以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
経営工学科
戻る
  • 経営工学系
  • 環境工学系

生産システム工学研究室

理想の生産システムをめざし、さまざまな問題解決法を研究

研究キーワード
  • ジャストインタイム生産システム
  • 品質マネジメント
  • 環境配慮型システム
  • 在庫管理
生産システム工学研究室
作業の効率や完成品の品質を考慮したセル生産方式を学ぶ

モノづくりやサービスの提供など、企業が人や社会に対して価値を生み出す活動を広く「生産システム」として捉え、不確実性を伴うシステムにおいて、さまざまな問題解決法を研究しています。
経営工学の分野では、よくPDCA(Plan-Do-Check-Act)という概念を用いますが、生産システムの改善においては、環境を考慮しながら、品質・コスト・納期を評価することが必要であり、PDCAサイクルを回した継続的な改善を行わなくてはなりません。ひとつの問題が解決しても、それに満足せず、理想のシステムをめざして、さらなる問題解決へ立ち向かっていくのです。変化の激しい現代社会にこそ経営工学が必要であり、夢のある未来志向型の研究分野だと私たちは考えています。

中島 健一教授Nakashima Kenichi[工学部/経営工学科]

PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

「現場・現物・現実」が重要な学問です

中島 健一教授

経営工学はモノづくりだけではなく、医療や小売業などのサービス分野も含め、さまざまな形で企業・社会に貢献できるのが特長です。実践の学問であるため、「現場・現物・現実」が重要になってきます。

佐藤 公俊特別助教Sato Kimitoshi[工学部/経営工学科]

専門分野
  • オペレーションズ・リサーチ
  • 経営システム工学
  • 社会システム工学
主な担当科目
関連リンク

この研究室もチェック!