以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
経営工学科
戻る
  • 経営工学系

人間工学システム研究室

少子高齢化に対応した人に優しいシステムを開発

研究キーワード
  • システムデザイン
  • サービスシステム
  • 福祉機器
  • スマートシティ
人間工学システム研究室
介護福祉サービスのシステム開発で利用するマイコン やセンサ。人の状態を測って、サービスの質向上や効 率化に活かしています

コンピュータや機械のテクノロジーは、めざましい進歩を遂げていますが、それを使う人間の存在を忘れては、かえって使いにくいものになるだけでなく、私たちに危害を加えるものになってしまうかもしれません。経営工学が対象とするモノづくりや経営管理技術には、人間への配慮が不可欠です。
当研究室では、モノを作る人と使う人、サービスを提供する人と受ける人など、人とモノ、人とシステムとの関係を明らかにして、それをモノづくりやシステムづくりに生かすための研究を行っています。なかでも、人間中心設計や介護福祉サービスを主なテーマとしており、高齢者を含む人々の生活を豊かにする機器やサービスシステムの開発に取り組んでいます。

髙野倉 雅人准教授Takanokura Masato[工学部/経営工学科]

専門分野
  • 人間中心設計
  • 介護福祉サービス
  • 人間機械系
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

一人ひとりの生活を豊かにするシステムを開発します

髙野倉 雅人准教授

人に優しいモノづくり、システムづくりが研究テーマです。日常生活に不便を感じている人たちの生活が少しでも豊かになるよう、それぞれの体の状態に適合した各種システムの開発に取り組んでいます。

荻谷 光晴特別助教Ogiya Mitsuharu[工学部/経営工学科]

この研究室もチェック!