以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
経営工学科
戻る
  • 経営工学系

経営システム工学研究室

人と地球に優しい経営システムの最適化

研究キーワード
  • システム最適化
  • データ分析
  • 不確実性
  • ソフトコンピューティング
経営システム工学研究室
プリント基板の検査を最も速く行える経路を求めた一例。共同研究を行う検査機器メーカーの問題を解決し、実際の売上増に大きく貢献した

情報通信技術の発展に伴うグローバル化によって、社会のシステムは大規模・複雑化しています。さらに、企業など組織を取り巻く環境の不確実性が増加することにより、個人や社会の価値観も多様化しています。私たちの研究室では、これからの新しい時代に求められる問題解決法( ソリューション)にフォーカスして、生物の進化や情報処理のメカニズムに基づいた柔らかい計算や、人工知能に基づいたデータ分析、およびシステム最適化の研究を行っています。
そのほかにも、企業や他大学の研究室、外部の研究機関と連携し、共同研究を実施しています。モノづくりの現場だけに限らず、観光・医療・健康といったサービス産業分野の問題解決にも積極的に取り組んでいます。

片桐 英樹教授Katagiri Hideki[工学部/経営工学科]

専門分野
  • 社会システム工学・安全システム
  • ソフトコンピューティング
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

データ分析と最適化を通して現実問題を解決

片桐 英樹教授

現代は不確実と多様性の時代といわれます。個人や組織が持続的に存続・成長するために、データに基づく客観性と人間の持つ主観性・多様性を同時に考慮した「柔らかいシステム最適化」が求められています。

この研究室もチェック!