以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
物質生命化学科
戻る
  • 応用化学系
  • 生命科学系

バイオ活性分子化学研究室

アミノ酸や糖類を原料に新薬の“種”を見つけ出す

研究キーワード
  • 生物活性天然物
  • 有機合成
  • アミノ酸
バイオ活性分子化学研究室
フグ毒の成分「テトロドトキシン」の分子模型

タンパク質の構成成分である「アミノ酸」や、砂糖やデンプンなどの「糖類」は、地球上に豊富に存在する身近な有機化合物です。食品に関するイメージが強いかもしれませんが、石油に代わる化学原料として、医薬品や農薬、化粧品などの開発に幅広く利用されています。自然界では、さまざまな有機化合物が糖類やアミノ酸を原料に作り出されますが、人間はこれらから全く違う化合物を効率的に生み出す術を持っていません。
当研究室では、自然界と同様、糖類やアミノ酸を原料に目的とする化合物を効率良く合成する手法を研究しています。そのなかから、新薬の「種」になるような物質を見つけ出し、世界の人々を救うような新薬の開発へと導くことが最終目標です。

佐藤 憲一教授Sato Ken-ichi[工学部/物質生命化学科]

専門分野
  • 有機化学
  • 有機合成化学
  • 糖質化学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

世界中の人を救う薬を開発しましょう!

佐藤 憲一教授

私たちは、新しい薬になるような物質を探し、それらを糖やアミノ酸から作る研究を行っています。世界中の多くの人々を救えるような新しい薬を、皆さんとともに作り出すことをめざしています。

赤井 昭二准教授Akai Shoji[工学部/物質生命化学科]

専門分野
  • 有機天然物化学
  • 合成化学
  • 有機化学
主な担当科目
関連リンク

この研究室もチェック!