以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
総合工学プログラム
戻る
  • 化学系
  • 応用化学系
  • 材料工学系

分子機能化学研究室

光や熱に反応する賢い材料システムを開発

研究キーワード
  • 高分子
  • 光化学
  • ソフトマテリアル
分子機能化学研究室
高分子薄膜の作製

人間の体は、柔らかくてしなやかな物質からできています。そして温度や光などの外部環境の変化(刺激)に対して、調整機能を巧みに働かせて生命を維持する素晴らしいシステムを備えています。身近にある柔らかい物質のひとつに、プラスチックが挙げられます。
私たちの研究室では、温度や光の刺激によって、色や屈折率が変化するプラスチックを開発しました。それを光通信材料などへ応用するだけでなく、刺激を与えたときだけ応答してカプセル構造が壊れることによって、化学反応のスイッチをオンにできる“賢い材料システム”の開発も行っています。さらに将来的には、熱や光によって筋肉のようにしなやかに動く材料の開発をめざしています。

亀山 敦教授Kameyama Atsushi[工学部/化学教室]

専門分野
  • 高分子化学
  • 有機機能化学
  • 材料化学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

外国人研究者とプロジェクトを推進中です

亀山 敦教授

同規模の私立大学と比較して、神奈川大学工学部の研究設備は非常に充実しています。また、断続的に私学助成の大型プロジェクトを推進中で、外国人研究者を雇用して研究を行っているのが特徴です。

この研究室に関連するNEWS & TOPICS

この研究室もチェック!