以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
物質生命化学科
戻る
  • 物理学系
  • 応用化学系

ソフトマテリアル物性研究室

多様な高分子の物性を解明・応用する

研究キーワード
  • ソフトマテリアル
  • ソフトマター
  • 高分子
ソフトマテリアル物性研究室
高分子結晶の顕微鏡画像

高分子には樹脂のように比較的硬いものから、ゴムのように柔らかいものまで、さまざまな種類があります。なかでも、プラスチックやシリコン樹脂、天然ゴムなど、金属やセラミックと比較すると柔らかい物質を「ソフトマテリアル」といいます。当研究室が取り組んでいるテーマは、こうした多様な高分子の構造、性質、分子運動といった物性を解明し、応用することです。
新しい材料を生み出すには高分子合成の知識が必要ですが、何かに応用するにはその性質(物性)を評価することが不可欠。私たちは高分子がどのような性質を持ち、どんな原理が働いているのか、物理化学的手法を用いて研究しています。高分子物性を学ぶ際に身につけた論理的な考え方は、必ず役立つでしょう。

池原 飛之教授Ikehara Takayuki[工学部/物質生命化学科]

専門分野
  • 高分子物性
  • 複合材料・物性
  • 生物物理・化学物理
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

ソフトマテリアルの性質を研究

池原 飛之教授

物質の性質は「物性」と呼ばれ、化学と物理の両方の分野で研究されています。高分子などの「ソフトマテリアル」という物質は興味深い性質を示すことが多く、現在はその物性を研究し、応用しようとしています。

片岡 利介特別助教Kataoka Toshiyuki[工学部/物質生命化学科]

この研究室もチェック!