以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
物質生命化学科
戻る
  • 環境工学系
  • 応用化学系
  • 環境学系

環境分析化学研究室

地球環境の解析を進めつつ環境改善にも挑む

研究キーワード
  • 酸性雨
  • 森林衰退
  • 膜分離
環境分析化学研究室
大気中に浮遊している霧を採集する装置

酸性雨は一般的によく知られていますが、実は雨よりも環境に与える影響が大きいのは「酸性霧」なのです。雨より水滴が小さい霧は大気汚染物質をより吸収しやすく、酸性度も高くなるのです。当研究室では、霧が発生しやすい神奈川県・丹沢の大山で霧の採取・調査を行い、酸性度の高い霧がモミやブナの衰退原因の一つになっていることを明らかにしてきました。
化学の視点から酸性降下物が環境にどのような影響を与えるのか、関連を解明する一方で、「膜分離法」の開発も行っています。膜分離とは、水や気体が膜を通過する際に、環境汚染物質など特定の物質を選択的に回収する技術です。こうした新たな技術の開発も進めながら、地球環境の改善に挑んでいます。

井川 学教授Igawa Manabu[工学部/物質生命化学科]

専門分野
  • 環境化学
  • 分析化学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

地球環境問題に化学の視点で取り組む

井川 学教授

樹木を衰退させる酸性霧をはじめ、大気汚染、森林衰退問題など、大気汚染が環境に与える影響について化学の視点からの解析に取り組んでいます。日本で最初の自動霧水採取装置は、当研究室で作ったものです。

この研究室もチェック!