以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
電気電子情報工学科
戻る
  • 電気・電子工学系

パワー・メカトロニクス研究室

環境に優しい駆動制御技術の研究・開発に取り組む

研究キーワード
  • 電気自動車
  • ハイブリッド車
  • 新幹線
  • 電車
パワー・メカトロニクス研究室
研究室で開発した電気自動車

パワー・メカトロニクスとは、数百ワットから数十キロワットの交流モータを利用した電気機械系のことです。私たちの研究室では、電気自動車や電動スクーター、電動パワーステアリング、風力発電などの駆動制御技術の研究・開発に取り組んでいます。駆動制御技術はハイブリッド車や電気自動車の命であり、エアコンや冷蔵庫などの効率運転にも活用されているもの。これまで、先駆的電気自動車「ST-EV新Ⅰ」「ST-EV新Ⅱ」を誕生させるなど、数々の成果を上げています。
また、「モータドライブ技術のバイブル」と呼ばれている4冊の専門書は当研究室から生まれました。国内トップレベルの研究ができるこの環境で研鑽を積んだ多くの卒業生が、業界の研究者・技術者として活躍しています。

新中 新二教授Shinnaka Shinji[工学部/電気電子情報工学科]

専門分野
  • モーター駆動工学、制御工学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

「日本に新中あり」といわれています

新中 新二教授

私の研究するモータの駆動制御技術は、電気自動車や電化製品を効率的に運転させるエコロジーな先端技術。研究に明け暮れるうち、この分野では第一人者となり、海外からは「日本に新中あり」といわれています。

この研究室もチェック!

    • 電気・電子工学系

    超伝導の薄膜とデバイスを製作し電気的特性や磁気的特性を測定

    工学部
    電気電子情報工学科

    量子デバイス研究室

    • 電気・電子工学系
    • 応用物理学系

    半導体と熱とバイオの融合をめざした新しい素子の開発に挑む

    工学部
    電気電子情報工学科

    半導体工学研究室

    • 電気・電子工学系

    超広帯域・超高速高周波回路の開発に向けた研究に取り組む

    工学部
    電気電子情報工学科

    波動電子工学研究室