以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
電気電子情報工学科
戻る
  • 電気・電子工学系

電子回路工学研究室

IoT時代の電子回路を研究

研究キーワード
  • 電子回路
  • アナログ回路
  • アンプ
  • センサー
電子回路工学研究室
集積回路の設計図面:これを基に研究用集積回路を試作する

現在、IoT(Internet of Things) や5G(5th Generation)という旗のもと、あらゆるモノをインターネットに接続する技術開発が進められ、多くの分野での変革が期待されています。その実用化において重要になるのが、センサー回路技術です。当研究室では、スマートセンサー回路やスマートセンサーネットワーク回路という新しい電子回路の研究を進めています。アナログ情報処理を多様な分野に応用することで、安心・安全な暮らしの創造につなげます。

島 健教授Shima Takeshi[工学部/電気電子情報工学科]

専門分野
  • 集積回路
  • 電子デバイス、電子機器
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

アナログ回路は先端の研究分野です!

島 健教授

真空管アンプやレコードプレーヤを連想させるため、一般には枯れた技術と思われがちなアナログ回路ですが、実はいまも研究が進む先端の分野です。現在、センサー回路技術の中で、自動車の安全性向上のための回路や、医用機器の診療画像の精度向上に寄与する回路などの「アナログCMOS集積回路」を研究しています。

この研究室もチェック!