以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
電気電子情報工学科
戻る
  • 電気電子工学系
  • 環境工学系
  • 生物工学系

生体・環境計測研究室

計測から医療まで超音波を幅広く活用

研究キーワード
  • 医用超音波
  • 海洋音波伝搬
  • 音波伝搬シミュレーション
  • 超音波スピーカー
生体・環境計測研究室
サーモカメラと生体模擬ファントム

超音波を用いて、体内や地球環境を調べる新しい計測技術の研究と開発を行っています。超音波は目に見えず、聴こえもしませんが、モノや人間の内部、海の中までを測るためのツールとして、幅広い分野で活用されています。
代表的な応用例は、胎児の成育や人の心臓の動きをリアルタイムに診断する超音波診断装置です。さらに近年では、診断だけでなく、治療にも超音波が応用され始めており、当研究室では超音波医用装置の安全性向上に関する研究を進めています。
また、電波の届きにくい水中での作業の安全を確保するために、超音波を利用した水中音響カメラ開発の基礎研究を行っており、羽田空港の滑走路建設の際に使われた水中映像装置の試作に貢献しました。

土屋 健伸准教授Tsuchiya Takenobu[工学部/電気電子情報工学科]

専門分野
  • 医用生体工学
  • 音響エレクトロニクス
  • 海洋計測工学
主な担当科目
関連リンク

この研究室もチェック!