以前チェックした研究室

画面を閉じる
    • 機械工学系
    • 航空・宇宙工学系
    • 環境工学系

    製品価値を高めるために振動や騒音を予測・解決する

    工学部
    機械工学科

    機械力学研究室

画面を閉じる
工学部
機械工学科
戻る
  • 機械工学系
  • 航空・宇宙工学系
  • 環境工学系

機械力学研究室

製品価値を高めるために振動や騒音を予測・解決する

研究キーワード
  • 振動エネルギー伝搬
  • 振動音響解析
  • 構造設計
  • 信号処理
機械力学研究室
研究室のモットー

近年、振動・騒音を抑えた静粛性が、機械製品において重要な商品価値として認識されるようになってきました。当研究室では、より静かで、より人に優しい機械の設計を行うために、振動や音の予測技術、対策技術などを開発しています。世の中にあるほとんどの機械は、その目的に応じた機能を発揮するために何らかの運動をし、その際に振動や騒音を発生させますが、それは機械そのものの動きを阻害するだけでなく、エネルギーを無駄に消費しているといえます。
私たちは、自動車・鉄道・産業機械などを対象に、機械の運動から振動・騒音の予測・解決まで、設計開発における一連の問題を研究。ヴァイオリンなどの楽器から得られた知見を、機械設計に活用する研究にも取り組んでいます。

山崎 徹教授Yamazaki Toru[工学部/機械工学科]

PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

音や振動の低減は、まさに付加価値

山崎 徹教授

機械の音や振動の問題は以前からありました。最近では消費者が高品質かつ付加価値のある製品を求めるようになってきましたが、そんななかで音や振動の低減は、まさに付加価値。今後ますます重視される分野でしょう。

中村 弘毅特別助教Nakamura Hiroki[工学部/機械工学科]

専門分野
  • 自動車の運転支援技術
  • 振動・騒音解析
  • 人間と機械の相互作用
主な担当科目
関連リンク

この研究室もチェック!