以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
機械工学科
戻る
  • 材料工学系
  • 機械工学系

機能材料加工学研究室

金属ガラスを駆使して新たな産業応用を開拓

研究キーワード
  • 金属ガラス
  • バルクアモルファス合金
  • 非平衡材料
  • 機能材料
機能材料加工学研究室
金属ガラスで作製した指輪。固体でありながら溶けた金属のような独特な光沢を放つ

ありふれた金属であっても、元素の組み合わせや製造方法に工夫を加えると、特殊な機能を持つマテリアルに生まれ変わることがあります。寺島研究室では、内部構造は液体そっくりでありながら、見た目は固体である特殊な合金「金属ガラス」の開発と応用開拓を行っています。金属ガラスは、強度や耐食性などに優れているので次世代の機械材料として期待されています。一方で加工が難しいという問題があります。熱力学的に非平衡な材料であるので、一定量以上の熱を加えると直ちに結晶化して本来の特性が失われてしまうのです。そこで私たちは金属ガラス特有の「過冷却状態」に着目して新しいプロセスの開発に取り組んでいます。ここでしか作れない新材料を一緒に作ってみませんか?

寺島 岳史准教授Terajima Takeshi[工学部/機械工学科]

PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

金属の機能を極限まで引き出す!

寺島 岳史准教授

液体と固体の両方の性質を持つ特殊な金属が、金属ガラスです。新合金の開発から加工や応用評価までを一貫して行うことによって、他ではできない付加価値をつける研究を行っています。

この研究室もチェック!