以前チェックした研究室

画面を閉じる
    • 材料工学系
    • 経営工学系

    金属材料の加工法を研究し機械部品の微細化に挑む

    工学部
    機械工学科

    材料加工研究室

画面を閉じる
工学部
機械工学科
戻る
  • 材料工学系
  • 経営工学系

材料加工研究室

金属材料の加工法を研究し機械部品の微細化に挑む

研究キーワード
  • 金型
  • プレス加工
  • 微細加工
  • 数値解析
材料加工研究室
実験用金型

機械の小型化や軽量化には、機械部品を加工する技術の進歩が不可欠です。私たちの研究室では、機械部品の高精度化や微細化を実現するために、金属材料の加工法を広く研究しています。
その中心は、金属を巧みに変形させて希望通りの形にする「塑性加工」。加工中の複雑な材料変形を実験やコンピュータシミュレーションによって確認し、成形技術の高度化をめざしています。これまでに、材料を切る際の工具の変形をシミュレーションで確認し、材料への拘束が材料や工具の変形に及ぼす影響などを明らかにしてきました。
また、金型を利用した成形技術や材料を分離する「せん断加工」技術の研究、さらに、加工された製品の機能評価や強度評価なども行っています。

笹田 昌弘教授Sasada Masahiro[工学部/機械工学科]

専門分野
  • 生産工学・加工学
  • 機械要素
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

微細精密加工の高度化をめざしています

笹田 昌弘教授

私の研究テーマは、主にコンピュータシミュレーションと実験によって機械工学に関する現象を解明することです。現在は、微細精密加工の高度化をめざしています。まるで謎解きをしているようで楽しいです。

この研究室もチェック!