以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
機械工学科
戻る
  • 機械工学系

ロボティクス研究室

進行する高齢化社会を見据え人に優しいロボットを開発

研究キーワード
  • ロボット
  • 制御
  • ソフトウェア
  • 対人安全性
ロボティクス研究室
2足ヒューマノイドロボット

人とロボットが協調し共存できる社会の実現をめざし、ロボットの機構や制御を研究しています。ロボティクスは、機械工学・電気電子工学・制御工学・情報工学を基礎とし、機械を構成するメカニズム・アクチュエータ・センサ・コンピュータを融合させて、広範なロボットシステムの研究を行う分野です。
私たちは高齢化社会の進行を見据え、さまざまなシーンで生活支援に利用できる人間共存協調型ロボットおよび人間型ロボットを開発しています。この開発において、操作性と同時に重視しているのが対人安全性です。神奈川県産業技術センターとの共同研究により、ハイスピードカメラを使って対人安全機構の運動を撮影・解析することでその機構の改良を行っています。

林 憲玉教授Lim Hunok[工学部/機械工学科]

専門分野
  • ロボット工学
  • 制御工学
  • 知能機械工学、メカトロニクス
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

ロボットと暮らすのが当たり前の時代に

林 憲玉教授

各家庭で人間がロボットと暮らすのが当たり前に……そんな夢をかなえるべく、人間と協調し共存できるロボットの研究を行っています。そのほか、感情を持つロボットやエンターテイメントロボットの開発なども進めています。

この研究室もチェック!