以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
機械工学科
戻る
  • 資源・エネルギー工学系
  • 環境工学系

熱エネルギー工学研究室

バイオマスを燃料化しエネルギーとして利用

研究キーワード
  • バイオマス燃焼
  • バイオマス燃料
  • スス生成
  • 太陽光利用
熱エネルギー工学研究室
おがくずを利用した固体燃料と、液体燃料

地球温暖化対策の一つとして注目されているバイオマスの、効率的な燃焼利用方法について研究しています。木材や食品加工廃棄物など植物由来の資源で、化石燃料に比べて環境負荷も低いバイオマスを燃料化しエネルギーとして利用するために、効率のよい燃焼形態や燃焼方法に関する研究を進めています。現在バイオマスは、主にチップやペレットなどの圧縮成型した固形物が利用されていますが、私たちの研究室では液体資源化にも取り組んでいます。
材料の燃焼合成や燃焼生成物のエネルギー制御など、燃焼を用いたエネルギー利用技術をベースにして、さまざまな問題解決を図るための研究を行うほか、太陽光の熱利用など、地球環境に配慮したテーマを幅広く扱っています。

伊東 弘行准教授Ito Hiroyuki[工学部/機械工学科]

専門分野
  • 燃焼学
  • 熱工学
  • 宇宙環境利用工学、設計製図
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

バイオマス固体を効率的に燃やします

伊東 弘行准教授

私の研究テーマは、「バイオマスエネルギーの利用」です。主に、バイオマス固体を圧縮成型し、燃料として使用する際の着火や燃焼特性を調べることによって、より効率的に燃やす方法を探っています。

三浦 正義特別助教Miura Masayoshi[工学部/機械工学科]

この研究室もチェック!