以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
総合工学プログラム
戻る
  • 物理学系
  • 地球科学・宇宙化学系
  • 応用化学系

天体放射線計測研究室

ISSに搭載する宇宙線観測装置を開発

研究キーワード
  • 国際宇宙ステーション
  • 高エネルギー天体
  • 宇宙線
  • 暗黒物質
天体放射線計測研究室
南極周回気球で宇宙線電子を観測するために、浜松ホトニクス(株)と共同で開発した画像増幅装置

宇宙では電子などの粒子(宇宙線)が、地球上では考えられない高エネルギー現象の中で光速近くまで加速され、地球にも降り注いでいます。私の研究室では、この宇宙線を気球や宇宙ステーションにおいて観測するための装置を開発しています。それには、検出器構造の設計、信号処理回路やデータ取得システムなどの研究開発が必要です。同時に、取得したデータから結果を導き出すデータ解析にもオリジナリティが求められます。
現在はJAXA(宇宙航空研究開発機構)と各大学で共同開発した観測装置が国際宇宙ステーション(ISS)に搭載され、宇宙線の観測を行っているところです。自分たちで開発した装置を使い、誰よりも早く未知のことを解明したいという思いで研究を続けています。

田村 忠久教授Tamura Tadahisa[工学部/物理学教室]

専門分野
  • 観測天体物理学、宇宙線物理学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

宇宙では未知の現象が自然に起こっています

田村 忠久教授

私の専門は宇宙線についての研究で、気球やISSに載せる観測装置の開発を行ってきました。地球上ではとても起こすことのできないような現象が、広大な宇宙ではいろんなところで自然に起こっているのです。

この研究室に関連するNEWS & TOPICS

この研究室もチェック!