以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
総合工学プログラム
戻る
  • 生物学系
  • 生物工学系

植物遺伝育種学研究室

ゲノムを読み解き生命の進化や多様性を探求

研究キーワード
  • 遺伝子
  • ゲノム
  • DNAマーカー
  • 品種改良
植物遺伝育種学研究室
コムギの穂

いま地球上には、さまざまな生物が存在していますが、元をたどれば一つの生命から誕生し、多種多様に進化をとげてきたという歴史があります。そして、どの生物をとってみても、ほかと全く同じということはありません。この多様性の基礎にあるのが、それぞれの生物が持つDNAです。しかし、特徴の異なる生物でも、DNAには大きな違いがないのです。たとえば、人間とチンパンジーでは、98.7%のDNAが同じ構成であることがわかっています。
DNA情報の全体を指してゲノムといいますが、研究室ではゲノムを読み解き、進化や多様性といった生物の不思議を探求しています。生物学の知識に加え、数学や化学の幅広い知識も求められるので、広い視野を養えるでしょう。

朝倉 史明教授Asakura Nobuaki[工学部/生物学教室]

PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

ゲノムを読み解き生物の不思議を探りましょう

朝倉 史明教授

私の専門分野は、植物の品種改良や進化についてDNAレベルで調べることです。とりわけ、生育の良いコムギを生み出すための基礎研究を行っています。ゲノムを読み解き、生物の不思議を探ってみませんか。

この研究室もチェック!