以前チェックした研究室

画面を閉じる
画面を閉じる
工学部
総合工学プログラム
戻る
  • 生物学系
  • 生物工学系

植物遺伝育種学研究室

ゲノムを読み解き生命の進化や多様性を探求

研究キーワード
  • 遺伝子
  • ゲノム
  • DNAマーカー
  • 品種改良
植物遺伝育種学研究室
グミ科植物の一つ、 シーベリーの収穫直前の果実です

地球で初めて誕生した生命から現存する生命へと脈々と受け継がれてきている分子にDNAがあります。各々の生物がもつDNAの情報の総体をゲノムとよびますが、ゲノムには各々の生物の歴史、すなわち進化の歴史が刻み込まれています。ちょうど考古学者が様々な土地で発掘作業をして地球の歴史を調査・解析していくように、私たちは様々な生物のゲノムを読み解いていき種々の生物の進化を調べようとしています。あるいは、人間が品種改良によって生みだしてきた様々な品種のゲノムにも品種育成時の歴史が刻み込まれており、私たちはそれらのゲノムを紐解くことによって人間が行ってきた品種改良の営みを知り、未来の品種育成へのヒントを得ようとしています。

朝倉 史明教授Asakura Nobuaki[工学部/生物学教室]

専門分野
  • 植物育種学
  • 植物遺伝学
  • 生物教育学
主な担当科目
関連リンク
PROFESSOR's VOICEPROFESSOR's VOICE

ゲノムを読み解き生物の不思議を探りましょう

朝倉 史明教授

私の専門分野は、植物の品種改良や進化についてDNAレベルで調べることです。とりわけ、生育の良いコムギを生み出すための基礎研究を行っています。ゲノムを読み解き、生物の不思議を探ってみませんか。

この研究室もチェック!