管理会計研究室

工学部/経営工学科

会計情報を利用して企業は効率的な経営を行う

管理会計研究室

企業における日々の“カネ”の動きを計算した会計情報や文章情報(テキストデータ)を用いて経営や投資を学び、コンテスト等で成果をあげる。

企業の経営で重要となる資源のうち、特に“カネ”に関する分野が会計学です。その中でも、経営者などに重要となるのが管理会計の知識です。企業の経営活動では、企業内外の“ヒト”が、様々な“情報”を操って利用しながら、製品などの“モノ”を動かしています。その経営活動では、同時に“カネ”も動いています。
企業での“カネ”の調達と運用に関する知識は、社会における様々な場面で有用となっています。例えば、企業の行う投資も、そして個人で行う投資も、共に“カネ”を集めてきて、それらを効率よく運用することが求められます。
研究室では、会計学の知識に加え、データ・マイニング(統計学)の知識も活用して、企業の経営に関する研究をしています。

Photos

  • 企業における日々の“カネ”の動きを計算した会計情報や文章情報(テキストデータ)を用いて経営や投資を学び、コンテスト等で成果をあげる。

    企業における日々の“カネ”の動きを計算した会計情報や文章情報(テキストデータ)を用いて経営や投資を学び、コンテスト等で成果をあげる。

Hirai Hirohisa

平井 裕久 教授

[工学部/経営工学科]

PROFESSOR's VOICE

企業価値を創造する、企業経営を考えます

企業の経営では、“ヒト・モノ・カネ・情報”という資源が必要となります。企業が成長していくために、経営者がこれらの資源を、どのように効率的に活用すべきか、“カネ”の視点を中心に考えていきます。

平井 裕久教授

Komura Ayuko

小村 亜唯子 特別助教

[工学部/経営工学科]

専門分野
  • 管理会計、マネジメントコントロール
関連リンク

SHARE

ページTOPへ