植物生理学研究室

工学部/総合工学プログラム

植物の生長を調節するオーキシンの生理作用を解析する

植物生理学研究室

植物栽培用の人工気象器

私の研究対象であるオーキシンは、植物の生長のあらゆる場面で重要なはたらきをしている植物ホルモンです。たとえば、根が土の中にあって葉や茎が地上にあるのはオーキシンのおかげですし、葉のギザギザもオーキシンが作っています。研究室では現在、根や葉の形態形成におけるオーキシンのはたらきを明らかにすることを目指して、シロイヌナズナやトマトなどを材料に研究を行っています。しかし、研究テーマは無限にあります。なぜなら、オーキシンは全ての植物で共通ですし、生長段階のどこを切り取っても、おそらくオーキシンが関わらない場面はないと考えられるからです。「植物」、「オーキシン」というキーワードで、幅広く様々な現象について研究を展開していくことが今の目標です。

Photos

  • 植物栽培用の人工気象器

    植物栽培用の人工気象器

Nakagawa Rie

中川 理絵 准教授

[工学部/生物学教室]

専門分野
  • 植物生理学
  • 植物育種学
関連リンク

PROFESSOR's VOICE

植物の生長するしくみを研究しています

植物生理学とは、植物が生きるしくみを遺伝子レベルで解析する研究分野です。根や葉の形成に、植物ホルモンの一つであるオーキシンがどのように関係しているのかなどについて、阻害剤等を用いて研究をしています。

中川 理絵准教授

SHARE

ページTOPへ