宇宙環境計測研究室

工学部/総合工学プログラム

最先端の観測技術を開発し宇宙や素粒子の謎に迫る

宇宙環境計測研究室

粒子の測定に使う光るプラスチック(ブラックライトでも光る)

宇宙には、星や星間ガスなどの目に見える物質の何倍もの量の見えない物質、暗黒物質が存在することが知られています。この暗黒物質は、現在の宇宙ができるまでの進化の仕方を決める重要な存在です。また、その正体は不明ですが、すべての物質を作る最小構成要素である素粒子のうち、未発見のものであると考えられています。
当研究室では、この暗黒物質の探索などの宇宙・素粒子物理学に関わる研究を、宇宙航空研究開発機構(JAXA)や他大学と共同で進めています。現在は、国際宇宙ステーションで稼働中の観測装置のデータ解析、南極周回気球に搭載する測定器の開発を中心に行っています。これまでにない観測技術を自らの手で開発し、宇宙や素粒子の謎に迫ります。

Photos

  • 粒子の測定に使う光るプラスチック(ブラックライトでも光る)

    粒子の測定に使う光るプラスチック(ブラックライトでも光る)

Shimizu Yuki

清水 雄輝 教授

[工学部/物理学教室]

専門分野
  • 素粒子実験、宇宙線物理
関連リンク

PROFESSOR's VOICE

暗黒物質とは何か、宇宙の起源を解明しましょう

宇宙空間を飛び交う未知の粒子を探すため、空気のほとんどない環境で使う測定器の研究開発を行っています。先端的なハード・ソフト技術開発によって、暗黒物質や反粒子などの宇宙の起源に関わる謎の解明を目指しています。

清水 雄輝教授

SHARE

ページTOPへ