[集団生物学分野]鈴木 祥弘 研究室

理学部/生物科学科

さまざまな環境で行われている光合成の仕組みを探求

[集団生物学分野]
<br>鈴木 祥弘 研究室

北極の海中環境を再現する寒冷地シミュレーション装置

私たちの研究テーマは「光合成の生態学」です。地上の生物は、光合成で作られた有機物なしに生存することはできません。北極から赤道まで、地球上のあらゆる場所で光合成は行われています。一般的に、北極圏は寒すぎて生物が生息できないという認識がありますが、実は地上がマイナス40 ℃であっても氷の下の海水はマイナス2℃より低くならないので、藻類が生育し、光合成をしているのです。
一方で、熱帯の高温多湿な環境においても、高い速度で光合成を行う植物がいます。当研究室では、こうした過酷な環境で、生物がいかに工夫して光合成を行っているのか、その仕組みを調べています。自然の中で、生き生きと生活する生物を調べることが、この分野の醍醐味です。

Photos

  • 北極の海中環境を再現する寒冷地シミュレーション装置

    北極の海中環境を再現する寒冷地シミュレーション装置

  • 相模川河口調査

    相模川河口調査

  • 人工気象室。高温多湿な環境への光合成の対応

    人工気象室。高温多湿な環境への光合成の対応

  • 阿寒湖のマリモ 大きなマリモの維持機構の解析

    阿寒湖のマリモ 大きなマリモの維持機構の解析

Suzuki Yoshihiro

鈴木 祥弘 准教授

[理学部/生物科学科]

専門分野
  • 植物生理生態学
関連リンク

PROFESSOR's VOICE

生物を広く勉強したい人にお勧め!

神奈川大学の生物科学科には、ほかの大学にあまりない、生態学や進化学のような科目がたくさんあります。生物を芯から勉強できます。バイオテクノロジーばかりでなく、生物学を広く勉強したい人にお勧めです。

鈴木 祥弘准教授

SHARE

ページTOPへ