松原 世明 研究室

理学部/化学科

目に見えないミクロの世界をシミュレーションで理解する

松原 世明 研究室

「シクロへキセノンの静電ポテンシャルと最高被占軌道」(簡単に言うと「分子の電子の広がり」)

コンピュータの発達によって、より複雑かつ正確なシミュレーションを短時間で行うことができるようになりました。そこで用いられるのが量子化学の理論です。化学反応は電子の振る舞いを理解する必要がありますが、ミクロの世界は直感的に理解することが難しい世界でもあります。
当研究室では、ONIOM法と呼ばれる量子化学計算法を用いて分子の振る舞いを解析していますが、より正確に分子の状態をシミュレーションするために、ONIOM分子動力学法を開発して、新しい分子理論の構築に挑んでいます。そして、簡単な構造の分子から、タンパク質や酵素などの複雑で大きな分子まで、あらゆる自然の事象を対象とした、理論計算による解析に取り組んでいます。

Photos

  • 「シクロへキセノンの静電ポテンシャルと最高被占軌道」(簡単に言うと「分子の電子の広がり」)

    「シクロへキセノンの静電ポテンシャルと最高被占軌道」(簡単に言うと「分子の電子の広がり」)

Matsubara Toshiaki

松原 世明 教授

[理学部/化学科]

専門分野
  • 量子化学
  • 計算化学
  • 理論化学
関連リンク

PROFESSOR's VOICE

計算化学を通して「考える面白さ」を知ってほしい

計算化学では化学現象の仕組みを理論的に解き明かします。そこで大切なのは、計算結果に基づいて「なぜそのような化学現象が起こるのか」と考える力です。計算化学を通して「考える面白さ」を知ってもらえたらと思います。

松原 世明教授

SHARE

ページTOPへ