[デザインコース]建築史研究室

建築学部/建築学科

歴史的建造物から建築の未来を見いだす

[デザインコース]
<br>建築史研究室

ル・コルビュジェデザインの丸テーブル

「温故知新」という言葉が意味するように、建築の分野においても新しい建造物の在り方を考えるヒントは、人類がこれまで手掛けてきた歴史の中に埋もれています。わが国では明治以降、人々の生活スタイルと住宅は大きな変化を遂げました。そうした変容の過程や歴史的建造物の特徴などを学ぶことから、未来の方向性が見えてくるのです。そのためには、建築物の見方や調べ方、さらには分析方法を学ぶことが必要です。
歴史的建造物を生かした重層的な街の方が、機能的で新しい建築物だけの都市よりも魅力的に感じるのは、なぜでしょう。過去に隠された多くの人々の英知を発掘し、そうした「宝物」の中から未来への指針を見いだす建築史研究を、一緒に始めてみませんか。

Photos

  • ル・コルビュジェデザインの丸テーブル

    ル・コルビュジェデザインの丸テーブル

Uchida Seizo

内田 青蔵 教授

[建築学部/建築学科]

専門分野
  • 日本建築史、近代住宅史、近代建築史
関連リンク

PROFESSOR's VOICE

建築の保存は新しい建築をつくることを意味する

歴史は過去の現象を学ぶものと思われていますが、本当は未来の建築のありさまを、歴史を通して考えているのです。建築の保存は、単に古い建築を守るのではなく、新しい建築をつくることを意味しているのです。

内田 青蔵教授

姜 明采 特別助教

[建築学部/建築学科]

専門分野
  • 日本近代建築史、韓国近代建築史
関連リンク

SHARE

ページTOPへ