暗号システム研究室

工学部/情報システム創成学科

信頼性の高いシステム研究を理論と応用の両面から推進

暗号システム研究室

古代スパルタで用いられたスキュタレー暗号を使った研究室紹介

暗号技術は、情報セキュリティを確保する上で極めて重要な技術であり、私たちの身近にあるスマートフォンや電子マネー、インターネット上のさまざまなサービスなどに広く用いられています。暗号技術においては、利便性を保ちつつ、いかに安全性の高い暗号を実現するかが重要であり、安全性の正しい定義やそれを満たす方式の設計は、チャレンジングなテーマです。
一方で、優れた暗号技術が存在しても、その適用方法が間違っていたら、システムの安全性は担保できませんので、正しい管理・運用技術の確立も不可欠です。当研究室では、暗号理論を中心としたアルゴリズムに関する研究と、信頼性を確保するためのシステム研究を、理論と応用の両面から推進しています。

Photos

  • 古代スパルタで用いられたスキュタレー暗号を使った研究室紹介

    古代スパルタで用いられたスキュタレー暗号を使った研究室紹介

Fujioka Atsushi

藤岡 淳 教授

[工学部/情報システム創成学科]

専門分野
  • 暗号系
  • 暗号/認証
  • 情報セキュリティ
関連リンク

PROFESSOR's VOICE

暗号技術に関する挑戦的なテーマに挑む

当研究室では、暗号の安全性を正しく定義するだけでなく、その安全性を満たす方式を設計すること、それら暗号方式の正しい利用技術を確立することといった、挑戦的なテーマに取り組んでいます。

藤岡 淳教授

Sasaki Taroh

佐々木 太良 助手

[工学部/情報システム創成学科]

専門分野
  • 情報通信・ネットワーク
  • 信号処理
  • ヒューマンコミュニケーション
  • 情報セキュリティ
関連リンク

SHARE

ページTOPへ