社会情報システム研究室

工学部/情報システム創成学科

社会情報システムや社会インフラの研究を推進

社会情報システム研究室

研究発表やイベントで獲得したトロフィーや、メダル、盾、ピン

水道・交通・電力といった社会インフラや社会情報システムなど、社会システムを対象に研究を推進しています。情報数理手法や情報技術を応用した意思決定、新しい社会事業、新しい社会情報基盤システムの提案や、企画・運用が研究テーマです。
その一つである「災害時リアルタイム水運用システム」は、地震動分布から推定される管路被害にオンラインデータや現場情報を反映させ、リアルタイムでの被害推定、応急給水、復旧支援などを行うものです。災害対策のシステムとしてはもちろん、平常時には高度な管路保守や施設管理をサポートします。社会を便利にすると同時に、それが人々の幸せにつながることを常に念頭に置きながら、構築・運用する技術を学んでいます。

Photos

  • 研究発表やイベントで獲得したトロフィーや、メダル、盾、ピン

    研究発表やイベントで獲得したトロフィーや、メダル、盾、ピン

Sekozawa Teruji

瀬古沢 照治 教授

[工学部/情報システム創成学科]

専門分野
  • 社会情報システム
  • 制御・システム工学
  • 知能情報学
  • 知能ロボティクス
関連リンク

PROFESSOR's VOICE

問題解決にはSEとしてのセンスが問われる

システム開発者や企画者は、複雑な問題を解決するとき、簡略化して解への見通しを良くし、コンピュータの手に負える形にします。このポイントでどう対処するかで、上級SEのセンスが問われるのです。

瀬古沢 照治教授

SHARE

ページTOPへ