情報ネットワークシステム研究室

工学部/情報システム創成学科

どこでも快適に多様なサービスを利用できるネットワークの実現に向けて

情報ネットワークシステム研究室

ハイビジョンを上回る超高精細映像のリアルタイムネットワーク配信装置

スマートフォンやパソコンのみならず、IoTという言葉で代表されるように、家電や自動車など人の身の回りにある多くの“モノ”も情報を発信するようになりました。このため、これらの情報も伝えるネットワークを流れる情報量は急激な増大を続けています。
当研究室では、超高精細映像によるバーチャルリアリティやIoTを活用した身近で便利な多種多様なサービスを、誰でもどこでも快適に利用できる社会の実現をめざし、情報ネットワーク技術を基盤としたコミュニケーションシステムの提案や、提案実現のキーテクノロジーの研究を進めています。“できたらいいな”を具体的に形にすることをめざして、学生たちは基礎知識を身につけるところから取り組んでいます。

Photos

  • ハイビジョンを上回る超高精細映像のリアルタイムネットワーク配信装置

    ハイビジョンを上回る超高精細映像のリアルタイムネットワーク配信装置

Imai Takamasa

今井 崇雅 教授

[工学部/情報システム創成学科]

PROFESSOR's VOICE

情報ネットワークを自分で運用できる人材を育成

20年前と比較すると、現在はデータ伝送速度が約1万倍になりました。今後さらに発展するであろう情報ネットワークに関する研究を通して、自らシステムを設計・構築・運用できる人材の育成を図っています。

今井 崇雅教授

Qian Shen

騫 申 特別助教

[工学部/情報システム創成学科]

専門分野
  • 通信・ネットワーク工学
  • 情報ネットワーク
関連リンク

SHARE

ページTOPへ