材料力学研究室

工学部/機械工学科

環境負荷低減に貢献する材料開発をめざす

材料力学研究室

万能材料試験機

機械工学の基礎である材料力学をベースとした研究を行っています。近年、金属より軽くて強い複合材料のCFRP(炭素繊維強化プラスチック) がレーシングカーや航空機の機体に使われていますが、私たちはCFRPの層間破壊じん性(壊れにくさ)やクリープ特性(一定荷重下の時間経過にともなう変形)に関する研究を実施し、CFRPを使った車両部品の設計にも取り組んでいます。
また、環境への配慮という観点から、麻や竹、ココナッツなどの天然繊維と生分解性樹脂を使った「グリーンコンポジット( 天然繊維強化プラスチック)」の研究も行っています。今後、自動車の軽量化もますます進むことが予測されます。機械の軽量化や環境負荷の低減に貢献できる材料を開発することが私たちの目標です。

Photos

  • 万能材料試験機

    万能材料試験機

Takemura Kenichi

竹村 兼一 教授

[工学部/機械工学科]

専門分野
  • 機械材料、材料力学
  • 複合材料
  • 物性
関連リンク

PROFESSOR's VOICE

機械材料の軽量化に関する研究をしています

一般的にプラスチックは弱い材料と思われていますが、カーボン繊維などで補強することによって金属材料よりも強く、そして軽くなります。当研究室では、機械材料の軽量化に関する研究を行っています。

竹村 兼一教授

SHARE

ページTOPへ